スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2011年09月02日

41回(平成元年3月卒)嘉穂東高校同窓会第二回実行委員会

最近 facebookというおもちゃで遊んでいる為
ブログを書いている暇がなくなり 写真ばかり増えていますやばい、やばい(猛省)

毎月第二 第四土日は、実行委員会が開催される。
うっ!! いろり塾破門の危機が
実行委員会が終わったら前原に向かえば良いか!!!

今回の実行委員会
ひとつ上の先輩たちから
たくさんのアドバイスをいただいた。
なんとなく雰囲気がわかってもらえるよう、写真だけアップします。
決して、文章が出てこないからではありません。















  


Posted by ともも at 22:59Comments(1)嘉穂東高校

2011年07月30日

嘉穂東高校同窓会 &第41期 同期会 実行委員会立ち上げ


10月29日(土)
嘉穂東高校同窓会があることは先日
告知させていただきました
その後 ポスターの画像を○吉先輩よりいただいたのでアップします

そして
私たち41期生の同期会もこの日開催されます
(41期生は 昭和から平成に変わった年 平成元年3月卒です
アルバムには上からシールが張られています)
時刻は夕方からです

先日
犬丸君の事務所で連絡がとれるだけの同期生が集まりました

サッカー部のキーパーだった H田君が 名札つけないと誰が誰かわからんぞ
と叫んでいましたが
すぐに 20数年前に戻り 会話が弾んでいました
  

    


Posted by ともも at 17:01Comments(1)嘉穂東高校

2011年07月22日

10月29日は嘉穂東高校の大同窓会です

穂波東中学のひとつ上の先輩&
嘉穂東高校でもひとつ上
バスケット部の恒○先輩より
ブログのメッセージで
こころの傷癒えた
との暖かいコトバをいただいた
こころの傷の件は 最近 涙があまり出てこなくなりましたかな

& 40期の事がブログに書いてないじゃないかとおしかりも
ということで
まず 先輩達のHPをお気に入りにリンクしました
こちら

リンクして気が付いたのですが
私の youtubeにもリンクしていただきありがとうございます

10月29日どうしても参加できませんが
皆さんに紹介させていただきます

写真はHPのトップページより引用させていただきました

横断幕を取りたかったのですが
知識が無く
すいません
  


Posted by ともも at 22:51Comments(0)嘉穂東高校

2011年04月06日

伊藤伝右衛門物語  嘉穂東高校の源流

A-bookに行くと
伊藤伝右衛門物語のコミックコーナーが出来ていた
我が母校
嘉穂東高等学校を創設した
伊藤伝右衛門と白蓮との物語をコミック化
なんと講談社からの出版だ




嘉穂東高等学校の前身の女学校で
白蓮が教壇に立とうとしたら
宮内省からストップが掛かったエピソード等私の知らないものがたくさん紹介されていた

とても勉強になった  


Posted by ともも at 08:10Comments(3)嘉穂東高校

2011年03月03日

学問のすゝめ 嘉穂東高校卒業式


新聞を見ていると
23年3月1日 母校 嘉穂東高校卒業式の記事を見つけた
平成元年 3月卒業の私 23年前に卒業式したことになる

新聞では、花村校長(嘉穂東高校卒)が卒業生へ
福澤諭吉の「学問のすゝめ」を引用して送るコトバとしたとあった
私も 最近 明治時代の「学問のすゝめ」を読むことが多い
100年以上前の文書であるが
あまり 学問を一生懸命やらなかった
私 
40歳になったこれからでも間に合うハズだ
一生懸命頑張ろうという気になる
まあもっと早く気が付けばよかったのだが

以下 
学問のすゝめの文章を一部紹介

 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。
これが、一番有名なところだが
その後の部分はとても重要だと私も思っている

 されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生れながら貴賎上下
の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資
り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずして各々安楽に
この世を渡らしめ給うの趣意なり。

 されども今広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、
貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相
違あるに似たるは何ぞや。
 その次第甚だ明らかなり。実語教に、人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり
とあり。されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによって出来るものなり。


 また世の中にむつかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむつかしき仕事を
する者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心
を用い心配する仕事はむつかしくして、手足を用いる力役はやすし。

 故に、医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、数多の奉公人を
召使う大百姓などは、身分重くして貴き者というべし。身分重くして貴ければ自ず
からその家も富んで、下々の者より見れは及ぶべからざるようなれども、その本を
尋ぬればただその人に学問の力あるとなきとによってその相違も出来たるのみにて、
天ょり定めたる約束にあらず。諺に云く、天は富貴を人に与えずしてこれをその人
の働きに与うるものなりと。

 されば前にも言える通り、人は生れながらにして貴賎貧富の別なし。ただ学問を
勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人と
なるなり。




全文はこちらでどうぞ
http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/gakumon.html  


Posted by ともも at 07:04Comments(0)嘉穂東高校

2011年03月02日

嘉穂東高校 先輩の店 博多デイトスの焼き鳥司

博多駅 博多デイトス 1F 博多ほろよい通り
焼き鳥 司へ
詳細はこちら
http://www.deitos.co.jp/hakata/category/street/horoyoi/

30人委員会 A木さんより
あんたの嘉穂東高校の先輩の店との紹介を受け
行った

当日 残念ながら 先輩は休みだったが
店を仕切る息子さん
そして 常連さん達と大盛り上がりだった

おいしい 焼き鳥をたくさん食べ大満足だった

元々 交代制の国鉄マンが
夜勤明けに一杯呑んで帰る店だったとのこと
その流で
今でも 朝 11:00開店と同時にたくさんのお客さんが訪れるようだ

良い店を見つけてしまった

いろり塾の竹さん
昼休み 一杯やってはダメですよ


  


Posted by ともも at 08:46Comments(0)嘉穂東高校

2011年01月17日

嘉穂東高校 甲子園 21世紀枠 選抜出場に期待


写真は再掲 100周年記念の西日本新聞の取材の模様

ニュースを見ていると
選抜の行進曲が
いきものがかりに決定したようだ
そして 運命の日が 1月28日

我が母校嘉穂東高校 初出場なるか
ここまで来たら神頼みだな

ソースhttp://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011011700749
入場行進曲は「ありがとう」=選抜高校野球開会式

 日本高校野球連盟は17日、大阪市内で第83回選抜大会(3月23日から12日間、甲子園球場)の運営委員会を開き、開会式の入場行進曲を昨年のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌で、人気グループのいきものがかりが歌った「ありがとう」(作詞、作曲・水野良樹)に決めた。
 出場32校(一般選考29、21世紀枠3)は28日の選考委員会で決まる。 (2011/01/17-19:08)

予想サイトもたくさん立ち上がったようだ(こちら)  


Posted by ともも at 23:50Comments(1)嘉穂東高校

2010年11月29日

嘉穂東高校同窓会引き継ぎ式 & 希望の集い



22年11月 嘉穂東高校同窓会の当番校の引き継ぎ式に参加させていただいた
当番とは関係ない小生
縁があり参加となった

11月いっぱい 西日本新聞の嘉穂東高校の100周年の企画連載
”希望の集い”の取材がこの日あった

総括が11月27日にあるので同窓生は是非見て欲しい


冒頭の写真は新聞記事とはすこし異なる
3人の写真を撮りに行ったらもう既にユニフォームを脱いでおり
もう一度 着てもらうようにお願い
M先輩の姿が見えない 
K先輩 俺も元野球部だから良いだろうのヒトコマ



その後 飯塚青年会議所でお世話になった
N野先輩を交えて
パチり

嘉穂東高校 野球部 現在 春の甲子園21世紀枠の福岡県代表に推薦されている
なんとか決まって欲しい

当日の様子
youtubeにもアップ
先輩達の前で少し緊張して写真がほとんどないが
なんとか雰囲気が伝わればよいなと思っています
  


Posted by ともも at 06:02Comments(0)嘉穂東高校

2010年11月02日

嘉穂東高校百周年記念 大同窓会

22年10月31日
嘉穂東高校百周年記念大同窓会に参加するため
のがみプレジデントホテルへ


100周年記念ということで多くの同窓生が参加

急遽 ロビーに席を設けていた
料理が来ていないとかのクレームに当番生 頭を下げ続けていた
当番生が一生懸命しているのに 同窓生(先輩)としてそのクレームはないだろうと思いながら
当番生のたくさん来てくれて良かったという声を聞き 安心した
あまり参加者がいなかったらどうしようという不安よりたくさん来てしまい追われまくる
うれしい悲鳴の方がよかったようだ

乾杯のビールが配られてとき あちこちで歓声があがっていた
  
なんとビールが嘉穂東高校オリジナルになっていた

H村校長の発案でラベルをつくり 教職員でビールに貼ったそうだ
当日のサプライズを考えたと上記 校長
母校の校長であるが その前に嘉穂東高校の先輩
さすがだ


ラベルが欲しく近くにあるラベルを剥ぎまくってた
12月に同窓会が企画してあるようだ
その時に使ってみようかな

嘉穂中学出身 KBCの原田ラブ子アナウンサーのすばらしい司会で進められ
とても良い同窓会だった
ミーハー(死語かな?)
ラブ子さんとパチり


最後に流された動画です
どうぞ

  


Posted by ともも at 07:53Comments(1)嘉穂東高校

2010年11月01日

嘉穂東高校百周年記念 アサヒビール会長 講演

平成22年10月30日
母校嘉穂東高校にて
創立 100周年の記念事業が行われた


記念講演は
アサヒビールの荻田会長が「世界へ羽ばたく君たちへ」という演題で行われた


同じくアサヒビールの会長から
JR西日本の初代社長になった村井勉氏(詳細はこちら
の講演が小倉高校で行われたときの話を小倉地域支部のF森幹事長から聞いたことがある(F森幹事長はhttp://ezukabotayama.yoka-yoka.jp/e408138.html
恐らく 20年以上前の話だろうが
その当時の小倉高校の生徒には大きな財産となっている

そして 今回講演を聞いた嘉穂東高校の生徒にとって
大きな財産になっただろう

講演内容は
以下読売新聞の記事からどうぞ
OBの荻田アサヒビール会長講演~嘉穂東高創立100周年
 県立嘉穂東高(飯塚市立岩)の創立100周年を記念して、OBの荻田伍(ひとし)・アサヒビール会長(68)が30日、同校で講演した。
 荻田会長は約850人の在校生らを前に、「世界へ羽ばたく君たちへ」の題で話した。入社当初はビールの営業に苦労していたが、気持ちを前向きに切り替えて、積極的に得意先を回ったことで少しずつ自信を付けていった体験を披露。「仕事は好き嫌いで選べない。目の前に与えられたことをがむしゃらにやるしかない」と語った。
 また、「気づいていない人が多いが、誰にでも能力が与えられていると思ったほうがいい」と指摘。「しっかり能力を発揮し、世界に飛び出して頑張ってほしい」と後輩にエールを送った。
 講演に先立った記念式典では、花村徳美校長が「将来に向け、志が高く、明るい青年を育成することを誓う」とあいさつ。来賓の麻生知事は在校生に「皆さんは期待に応える義務や責任がある。そのためにしっかり勉強し、部活動に励み、生涯の友を作ってほしい」と呼びかけた。
 嘉穂東高は1910年、嘉穂郡立技芸女学校として開校。19年に県立となり、49年から現在の名称となった。これまで約3万人の卒業生を送り出している。
(2010年10月31日  読売新聞)  


Posted by ともも at 21:07Comments(0)嘉穂東高校